Amazon Product Advertising API version 5.0 (PA-API 5.0)へのアップグレード:Rinker

2020-03-01

アマゾン PA-API

 

⚠️重要なお知らせ

現在AmazonのProduct Advertising API (PA-API) をお使いの方は、2020年3月9日までにPA-API 4.0に対してシステムコールを行うすべてのアプリケーションの Amazon Product Advertising API version 5.0 (PA-API 5.0)へのアップグレードをお済ませください。PA-API 4は、2020年3月9日以降サービス停止となります。すでにアップグレードをお済ませの方や、PA-APIをお使いでない場合は、対応していただく必要はありません。

今日Amazonのアソシエイトを見に行ったら、赤い文字で何か書いてありました。。

全く寝耳に水だったので、びっくりして調べてみました

Rinker:PA-API 5.0へのアップグレード

お知らせの内容がなかなか頭に入ってこなかったのですが、Amazonのアソシエイトを利用しているアプリ(WordPressの場合プラグイン、つまりRinker)をPA-API 5.0に対応させてください、さもないと3月9日以降は使えません、ということなのかなと思いました。

Rinkerで商品を検索できる → 何もしなくて良い

何かをしなければならないのかと思いましたが、基本的には*何もしなくてよく、安心のために以下のことをするだけです。

( *…Rinkerで商品検索ができるなら 詳しくは後の項目にも目を通してください)

対応

 Rinkerを最新のものにする

 PA-API 5.0が適用されているか確認する

基本的にはこれだけです。

プラグインの更新はまめに行っている方がほとんどだと思いますが、していない場合はすぐにアップデートしましょう。

Rinkerの最新バージョンはver.1.6.1です。(2020年3月1日現在)

今回のPA-APIに対応するだけならver1.5.5以上で大丈夫なようです。

Rinkerを最新にした後、商品情報の再取得をしていない場合は再取得をするにチェックを入れて、最下段にあるキャッシュ削除するから「商品情報キャッシュを全て削除する」をしておくと安心なようです。

Rinkerが最新かどうかを確認する方法

Rinkerのバージョン確認はとても簡単です。

ダッシュボード > プラグイン

アマゾン PA-API

と進み、

説明」欄にある「Check for update」を押すだけです。

Rinker アマゾン PA-API

押すと画面が切り替わり、

アマゾン PA-API

このようなメッセージが出たら、最新です。

一般的なプラグインの最新バージョンを調べる

その他、お使いのプラグインが最新のものかどうかわからない場合は、多くのものが以下の手順で確認できます。

ダッシュボード > プラグイン と進み、

アマゾン PA-API

説明」欄にある「詳細を表示」を押すと、

プラグインのバージョンを調べる

このような画面が開きますので、「更新履歴」タブから確認できます。

先ほどの「説明」欄にあったバージョンと見比べれば、使用中のものが最新かどうかもわかります。

 

それすら面倒な私のようなあなたは、アップデートのお知らせがきたらこまめに更新しましょう。

PA-API 5.0が適用されているかどうかの確認方法

Amazonアソシエイトの「レポート」タブから確認できます。

画面下の方のタブから「リンクタイプレポート」を押します。

アマゾン PA-API

ここで、リンクタイプに「PA-API 5」があれば、対応しています

アマゾン PA-API

こんな感じです。

PA-API 4のリンクはどうなるかといいますと、「PA-API」と表記されるようです。

アマゾン PA-API

こんな感じです。

ちなみに、この画像は去年の10月から12月のリンクタイプレポートです。

直近1ヶ月のレポートでは、「PA-API」はひとつもありません。

全てのリンクがアップグレードされているということになるのでしょう。

 

Rinkerで検索ができない場合

以前アマゾンのPA-APIについて記事を書いたことがありますが、「リクエスト回数が多すぎます」というふうに制限がかかって検索ができない場合もあります。

それとは別に検索ができない場合は、アクセスキーとシークレットキーを再取得してRinkerに登録し直す必要があります。

アマゾンのページで再取得して設定しましょう。

 

リクエスト回数が多すぎます」というエラーは、どなたかがPA-APIのリンクを押して商品をご購入くださり、その注文が確定されれば即時に解消されます。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

 「リクエスト回数が多すぎます」と出る場合のアマゾンPA-APIについての記事

環境エラーが出た場合

[環境エラー]php.iniのallow_url_fopenをONにするかcURLインストールしてください

というようなエラーメッセージが出ることがあるそうです。

その場合は、Rinkerの製作者・やよいさんのサイトをご参照ください。

今回のPA-API 5への対応を説明したページです。

エラーが出ていない方も、一度は目を通しておいた方が良いでしょう。

 

 Rinkerの公式サイト

 

 Rinkerの製作者のやよいさんのTwitterにもヒントがたくさん❣️

Rinker:PA-API 5.0へのアップグレード まとめ

以下のことを確認しましょう。

対応

 Rinkerを最新のものにする

 PA-API 5.0が適用されているか確認する

Rinkerを最新にした後、商品情報の再取得をしていない場合は再取得をするにチェックを入れて、最下段にあるキャッシュ削除するから「商品情報キャッシュを全て削除する」をしておくと安心なようです。

 

 

 

今回の件で、長年愛用していた転送メールがけっこう前に人知れずサービス終了していたことを知りました。。

というのは、アマゾンにそのアドレスだけを登録していたためにお知らせが一切届いておらず、今回のビックリにつながったからです。

PA-API 5への対応が不十分だったり、一部PA-API 4からの売り上げがある人にはメールでお知らせがあったりするらしいのですが。。。

やば

メールアドレスを変更したいと思ったのですが、いろいろなタブを押したりしてみた結果。。

アマゾンでは「メールアドレスを変更」という選択肢はないようです。

メールアドレスを追加してそのアドレスでもログインできるしお知らせが来る、というふうにはできるらしく。。

Amazonアソシエイトの右上の方にあるメールアドレスを押して、アカウントの管理に入り、

アマゾン PA-API

「アカウントユーザーの追加・削除・変更」から追加できます。

もし無効になったメールアドレスだけを登録している方は、いま使えるアドレスを追加しましょう。。

重要な変更があった時ビックリします(●´◒`●)💦