鈍感日常ラブコメ🐿月刊少女野崎くん

2018-08-19

椿いずみ・著『月刊少女野崎くん』

これは、千代が片思いしているゴツくて三白眼の野崎くんが実は大人気少女漫画家だった!という驚きの事実が冒頭に明かされ、そこからのんびりと続いていく日常系のラブコメ4コマ漫画、です。

ドラマチックな高校生活って多分あるんでしょうけど、ぼんやりと過ごしていた私のようなものには、(こんなに華やかな登場人物はいなかったけど)、このくらいのゆるさのほうが現実味を感じられます。

しかし! そんな中でときどき不意に挟み込まれる『ラブコメの波動』がとってもニヤニヤ楽しい漫画でもあるのです。いつも笑いメインなだけに、無自覚にキャラが晒す本音にすごくドキッとしてしまう。

千代ちゃんと野崎くんのまわりのキャラが全員変わり者なのもこの漫画の面白いところです。誰が好き、と選べないくらいみんなを好きになってしまいます。

でも、みこりん♡

みこりんは野崎くんの漫画の主人公・マミコのモデルとなった、イケメンなのに中身はすごく可愛い、そして残念なところのある人です。

🍍 そんなみこりんのフィギュアについてはこちらに〜。

ドヤ感満載のセリフとキメ顔、そのあとに照れて後悔しているギャップがいいです。顔は本当にクール系美少年なのにね。。。趣味も残念だけど、それが最高に好き。

1巻の『勉強の成果』というエピソードが好きです。なんかすごく親近感…☆ たぶんとき○モみたいなのをやってた人はそう感じると思います。あるある! って思いながら笑えます。

でもみこりんって、こんなことしなくても絶対モテてたはずなのにな〜、ハイスペックすぎる外見的に。漫画の中みたいにキャーキャー言われるのはもちろん、何もしなくてもただ立ってるだけで真剣に惚れられて告白とかされてたはず。

うーーむ。

ああ、でも、性格的に、そんなときはいつも、猛烈に照れてパニックになった結果、プレイボーイを演じて躱してきたのかもねー。。そんな自分をなんとかしようと『勉強』してこう…ウッ、不憫なこや…。

だけどこんなみこりんにもいつか好きな人ができるのでしょうか。…それはすごくさみしいかも!! できればずっと空回りして、千代や野崎くんとアホな遊びに興じてくれる可愛いみこりんでいてほしいです!(『誰のものにもならない永遠のラブハンター』とかバカなこと言ってて欲しい…!w)

そういえば9巻に連載5周年の『野崎くんアワード』っていうアケート企画が掲載されているんですけど、その中に

「今更ですが、御子柴実琴にお相手の女の子って必要だと思いますか?」

という設問がありました。堂々1位が

一人は一人で美味しいと思うよ       6680票

2位とは2000票以上も差がある😋 全得票14838のうち、

可哀想だから作ってあげて…    2000票

ってことは、ほとんどの人が私と同意見なんですよね。うん、みこりんはこれからもみんなのマスコットでいるといいよ♪

あっそういえば、みこりんは期間限定でツイッターもやってました。

🐕 みこりんの公式Twitter

いまでも残ってるので、また何かの企画で再始動したら嬉しいのですけど。

 

ここからは、好きなエピソードなど交えつつ、コミックスの内容をかる〜く紹介します。

1巻ではもうすでに主要キャラのほとんどが登場しています。千代ちゃん、野崎くん、みこりん、鹿島くん、結月、堀先輩、剣さん、前野さん、都さん。ふおーー・・。

でも個人的に、自分の中で世界観が出来上がる前に、主人公たちと濃過ぎるやりとりをするキャラが出てきてくれているのはとてもいいことだと思います!

急に出てきて今いるどのキャラよりも仲良しとか、なんか落ち着かないですもん。。なんでしょうね、ちょっと嫉妬…みたいな💦 漫画にそういうモヤモヤを求めてないので、その点『野崎くん』は安心して読めます。

それにしてもどのキャラも初登場時のインパクトがすごい!

【第8号】でくくってあるお話は全部すごく好きです。ゲームの中の友人のために描いた野崎くんの漫画すごく読みたい…! 同人で出せばいいのでは…。

2巻では若こと若松くんが初登場。これによって野崎くんの連載する『恋しよっ♡』でサブキャラ同士の恋愛模様が描かれることになるのですが…。鈴木とマミコの話より面白そうで…ごめん、野崎くん。

「理想の反応」「学んだこと」「二重攻撃」と、【第17号】【第19号】のお話が好きです。野崎くんはすごく鈍感だけど、すこしずつ千代ちゃんと仲良くなってる気がします。恋愛とかじゃないかもしれないけど。でも、それを見守るのもまた楽しいです。

3巻では、痩せた剣さんが見られます。いつもクールな剣さん。漫画としては面白いけど、やっぱり前野さんみたいな人が近くにいたらストレスで太りもするでしょうね…。

それにしても野崎くんって、1巻を読み返すと結構男前なのに、このころにはもう地味っていう説明がしっくりくるのなんでだろーと考えました。ひとつ思ったのが、たぶん、瞳が小さくなってるからかなあ。。でも地味な野崎くん好きなので、問題はないのですが!

【第21号】が面白いです。合コンの練習をする3人。そもそも、そのメンツでやることが間違ってる気がするんですけども。そして合コンに鹿島くんを連れて行く愚かしさよ…w 他にも若と結月のデート、堀先輩とみこりんのドールハウス、三角関係の千代ちゃんの可愛さ、【第27号】など、お気に入りがいっぱい。

4巻。ますますどれもこれも面白くて、キャラに愛着が湧いてきます。そしてこの頃にはもう野崎くんの一番の仲良しは千代ちゃんですよね…。野崎くんの弟の真由くんが初登場。かなり好きなキャラです。。(三白眼の黒髪学ランそして無口)

「盛り上がりのない平凡なこと」「何より先に言いたかったこと」「みこりんの男らしさ」「血が騒いだ」「胸きゅんゼリフ」そしてなんといっても、「あれからの進展」でしょう!!! ゲームネタの漫画が好きなので、【第32号】はすごく好きです。結果的にみこりんが漢前だったというプチ漫画も面白い。

巻末には嬉しいキャラのデータとそれぞれの制服の着こなしポイントが。

5巻では、今まで明かされなかった千代ちゃんと野崎くんの出会い、そして『恋しよっ♡』のマミコのキャラデザインのきっかけが描かれています。おお〜…。真由くんの血を争えない特技とか、みんなで海に行ったりとかの楽しいエピソードがいっぱいです。

「結果的に小悪魔」「切ない女心」「堀先輩の楽しいい遊び」「先輩のハイレベルな会話」「二人は親友」「海あるある」【第50号】はたいへん良かったです…!

6巻は遼介さんが初登場。都さんの大学の友人なのですが、なんと結月のお兄ちゃんでもあります。お兄ちゃんは妹とは反対の性格かな。とってもいいひとです。いいひとすぎるがゆえにおかしな勘違いをして笑わせてくれるという。。

【第55号】がすごく面白かったです。いままで野崎くんへの恋心がなぜだか物欲になっていた千代ちゃんが、とうとう野崎くんの実家にお邪魔するこのエピソード。…たぶん私がちよちゃんタイプだからだと思うんですけど、『実家=宝物庫』じゃないですか…?(ゴクリ)

コホン。ほかに「さぁ仮面を被るのよ!」「必死」「女心を知り尽くした男」「かわいい後輩・延長戦」「マネージャーの存在感」「先輩のご機嫌」「逆効果」「リンクする気持ち」が特におもしろかったです。みんなラブコメの波動…。

7巻では千代ちゃんと野崎くんのなかよしなエピソード(?)がたくさんで、ほのぼのと楽しいです。糸電話するふたり。この糸電話で成立したカップルは人気があるらしいのですが、それすごくわかる…! 音楽好きなので、こういうマイナーなバンドのファン同士っていうシチュエーション自体が大好物な上に、まったくの少女漫画ですもんね〜…。あと堀先輩が、いったん野崎くんの漫画の登場人物だとあたりをつけると、その人に対してすごく少女漫画脳な解釈をするので、面白くて仕方ない。

「尾瀬くん作業」「どっちが悪いの」「本日の会議成果」「バカかわいい」「とりあえず食いつく」「被験者・千代」「カツアゲだぜ!」「おいしい想い」「驚異の昇格」【第64号】では、真由くんはたしかに野崎くんの弟なんだな…と思いました!(「期待に応えて」とか)

ほんわかした日常コメディがお好きな方におすすめです。