ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。:エラー

WordPress

 

ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。

ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。

Googleアドセンスを久しぶりに見に行ってみると、画面の上の方になにやら警告が出ていました。

グーグル ads.txt

ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。

えっっっっっ????

なにをどうすればいいのかわからなかったのですが、ヘルプを押してみたら簡単なことだったので、すぐ修正しました。

この記事は初心者の方向けの解説となっています。

解決方法

以下の簡単な2ステップです。

解決方法

1、ads.txtを作る。

2、サーバーのpublic_html内にアップロードする。

実際の手順はこんな感じです。

1、ads.txtを作る。

シンプルな.txtが作れるソフトを使います。

私はMacですので、テキストエディットを使いました。

アドセンスのヘルプには以下のように書いてあります。

AdSense 向けの ads.txt を作成する

Google を自サイトの広告枠の認定販売者として宣言する場合、次のように ads.txt を作成します。

  1. テキスト ファイル(.txt)を作成します。
  2. ファイル内に次の 1 行を含めます。google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0
    重要: 「pub-0000000000000000」の部分はご自分のサイト運営者 IDに置き換えてください。

AdSenseヘルプ

自分のサイト運営者 IDは、アドセンスのここで確認できます。

グーグルアドセンス

白紙のテキストファイルを開いて、1行目に

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

を貼り付けて、pub-0000000000000000を自分のIDに置き換えます。

google.com,pub-(自分のID), DIRECT, f08c47fec0942fa0

そして、ads.txtという名前をつけて保存します。

2、サーバーのpublic.html内にアップロードする。

当ブログ(hicolor times)ではエックスサーバーを利用しているので、エックスサーバーの画面で説明します。

右上の「ログイン」からログイン > ファイル管理 > これからads.txtを置こうとするドメイン名をクリック。

すると、下のような画面になると思います。

エックスサーバー

ここでは下から3番目になっている「public_html」をクリックします。

そして右のほうにある「ファイルのアップロード」から1で作った「ads.txt」をアップして終了です。

エックスサーバー

選択ボタンを押してads.txtを選択し、アップロードボタンを押せば完了。

念のため、左側のファイル一覧にads.txtがあることを確認しましょう。

いつ反映される?

当ブログ(hicolor times)の場合、1日で反映されて注意文が消えていました。

2〜3日待っても消えない場合は、なにか間違っているかもしれません。

手順を見直すか、こちらのヘルプ(Googleフォーラム)にも目を通しましょう。

まとめ

解決方法

1、ads.txtを作る。

2、サーバーのpublic_html内にアップロードする。

 

 

 

5月の半ばごろにはこんな注意文なかった気がするのですが、仕様が変わったんでしょうか。

よくわかりませんが、こうすることによってより安全になるみたいですし、手順もむずかしくなかったのでよかったです。



エックスサーバーさんは、説明を読まなくても直感的にパネルの操作ができて、とてもいいなとあらためて思いました(●´◒`●)