TestMySiteが動かない。

2019-02-21WordPress右往左往。

こんにちは、今日も今日とて壁にぶつかっている野分です。

一度落ちてからというもの……100くらい記事を書くまでは申し込むまい…と深く傷ついていた私ですが、半年ぶりの審査申請をして見事Googleアドセンスに合格したみたいです。(というのもみんなが報告で使ってたポップコーンのイラストがなかったので「これでほんとうに通ったんやろか…?」と危ぶんでいるのです)

たぶん「ヤッターーーーー!」でいいんだろうか。

先人のお知恵通り「承認と同時に自動広告にはしない」ようにしていたので、ひとまず手動で広告を貼ってみようと最初は思ってました。

でもなんだかむずかしそうで…。

自動広告について調べていると「これだけチェックを外せばひとまず大丈夫」という記事をちらほら見かけたので、その通りに自動でやってみました。

PCで見てみると別に変わってないような。サイドバーに四角いのが2つついてるだけでした。

とりあえず当ブログ(hicolor times)のページのスピードを測ってみようといつものPageSpeedInsightで測ってみると…。

あまりのことにスクショし忘れてしまったのですが、モバイルが34とかにまで下がっていました!

つい先日までモバイル98とPC100だったのに…。(めっちゃしょっちゅう速度を測っている)

震えながらページの速度について検索するうちに、モバイルの速度を測ることに特化しているというTestMySiteを知り再び計測。

GoogleのTestMySiteでページの速度を測ってみた(い)

TestMySiteで実際に測ってみたら動かなかった

TestMySiteにて。。

 あともう少しです。」と励まされながら待つ。

…待つ。

……待つ。

…………。なんか長ない?

70%くらいで止まったまま動かない下の進捗バー。

5分以上待った結果。

_人人人人人人人人人人人_
>  よくありません <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

「一定時間以内にサイトの分析が終了しませんでした。」

そんなに重かった…??

試しに自分の好きなブログさんのURLを入力してみても結果は同じ…。

とりあえずモバイルでのページ重さを確認するため、iPodTouchでアクセスしてみると…。

_人人人人_
> うっ <
 ̄Y^Y^Y^Y ̄

そこにはデザイン崩れという別の問題が…!(そのことは記事の後ろの方に書きます。)

TestMySiteが動かない時に試してみるべきこと

解決方法

ブラウザに入っているアドブロックを解除する

 

こんな人が他にもいるんだろうか…。

検索窓に「test my site」と入れると「動かない」という候補があったので、「なんや、よくあることなんやね…(●´◒`●)」とホッとしたのもつかのま。

検索結果をつぎつぎ見ても、このことズバリの記事はない。

えっ、こんなことなってるのもしかして私だけ…?

自分のブログは重いかもしれないけど、他のブログまでそんなに重いなんてあるかな…?

もしやMacだから…?

それともデフォルトで使ってるFireFoxの不具合かなんか?

確認するために「他のブラウザで試してみよう」とSafariを立ち上げた瞬間…ふと…

そういえば…よくいろんなサイトでアドブロックが邪魔してくるから、その度に切ってるな…?

と思って、それを先に確認することにしました。

アドブロックを解除して再読み込みしてみると…。

_人人人人人人人人人_
> 結果が出た!! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

解決方法

ブラウザに入っているアドブロックを解除する

こんなことか…という感じもするんですけど私の場合はそうでしたので、「TestMySiteが動かない」ということがあったら、お使いのブラウザの設定を一度ご確認くださいませ。。

 

TestMySiteの使い方

感覚的に操作できるので説明はいらないと思いますが、使ったことのない方向けに、どんなことがわかるかなど説明していきます。

TestMySite https://testmysite.withgoogle.com/intl/ja-jp

まずはこの白いボックスに、速度を測りたいサイトのURLを入れます。特定のページの測定もできます。

動かなかった時「もしかしてトップページじゃなくて個別のページのURLを入れるんだろうか…?」と思いましたが、もちろんトップページを測るのが一般的だろうと思います。(それに原因は別にあるから個別のページを入れたとて測れるものでもなかった…)

3Gの環境でのテストが始まります。

標準接続(3G)でテストしています…

世界のモバイル回線接続のうち70%が、2020年まで3G以下の速度のとどまると予測されています。

ふだんパソコンばかりなので実感がありませんでしたが、この予測が正しければ、これからもページの表示速度には気を配っていかないとな〜なんて思いました。

このテストではサイトのデータとしてHTML/CSS、JavaScript、データ圧縮、

モバイル対応度としてビューポートの設定、コンテキストのサイズ、テキストの読みやすさを計測します。

(※ ちなみに計測できなかったときは進捗67%のこのあたりで固まりました。)

そして類似サイトの分析まで。でも「同業界」をどうやって選定してるのかはよくわかりません。この画面では「ビジネス&インダストリアル」に区分されるこのサイト…。結果画面であらためて自分の同業を設定して計測し直すことはできます。

そして速度を確認してくれます。

ページの読み込み速度が1秒から7秒になると、訪問者がサイトを離れる確率は113%増加します。

これはよくわかります。

自分自身がかなりのいらち*で、企業サイトの重さを回避するためにアドブロックを入れているからです。そして遅いのはわかっているし、画面が小さいのがまた好きじゃないので、iPodTouchでのサイトの閲覧はほとんどしていません。。

いらち(大阪弁)

訳語:せっかち、nervous、jittery、jumpy、急性子、心急焦躁

解説:苛ち。「いらつ」の連用形。落ち着きのない人のこと。ただ単にいそいそとしているのではなく、時間の損得を意識する大阪人の人間性が表れている。小心者で気が小さくそわそわしている場合には当てはまらない。

Weblio辞書より

何を隠そうこの私…

エニアグラム*では何よりも時間に価値を感じる「ケチな修道士」ですからねっ

*長い歴史を持つとされる性格診断のようなもの

古い本なのにいまでも新刊で買える、それだけ定評のある一冊。自分はもちろんいろいろな人にやってもらってかなり当たってると感じた診断です(やってもらわなくてもその人の傾向をあてはめると「これだな」とかなりはっきりわかる😱)。その人がなぜそんな反応をするのか…謎の多い行動原理がすこしでも理解できるようになるかも? すごく読みやすくて人間関係に役立つ本です。(「ケチな修道士」というのはこの著者がこの本より前に訳したH・パーマー著「エニアグラム〜職場で生かす『9つの性格』」という本に出てくる表現です。)

ただ最近は以前みたいにポップアップの広告があるサイトもあんまり(というかほとんど)見かけませんよね。。それどころか…アドブロックを入れてると表示が崩れたり、内容が見えなかったり、操作に支障が出たりするので切ることが増えてきました。

まさに今回もアドブロックの弊害ですもんね…(´・_・`)💧

TestMySite ページスピード

無事に測定完了。通常ここまで1〜2分でしょうか。

PageSpeedINsightではあんまりよくありませんでしたが、こちらではまあまあ。

ちなみにこれは「アドセンスの自動広告の表示をなんとか削除することができてから」測った結果です。

このときに同業界とみなされていた「アート・エンタテイメント」業界では速めだという評価でした。

無料レポートを送ってくれるサービスもあります。


メールはこういう感じで「サイトの処理速度を上げましょう」の下にいろいろな提案があり、要改善・要検討・問題なしとわかりやすいアイコン付きです。

JavaScriptの部分はいつも指摘されてるんですけど、どうすればいいのかまだわからないのでそのままになってます。。やりだすとはまってかなりの時間を使ってしまうから…ε-(´∀`; )

PageSpeed Insightでは…

TestMySiteでこのような評価だったこのブログのPageSpeed Insightでの評価は以下です。

▼ モバイル

▼ PC

モバイルとPCに格段の差があるのには理由があるのでしょう。。しかし私にはわかりません\( ˆoˆ )/

一時30台だったものが80台まで回復したのでよしとしましょう。

自動広告パニックでブログのテーマデザインを変えたり元に戻せなかったりで、前ほどの好成績を取ることはできてませんけど…。またおいおいやっていきたいと思います。

…というふうに落ち着けたのは、自分の好きなサイトや人気のサイトの速度も合わせて測った結果を見てすこし安心できたせいもあります。

人気のブログでもだいたいスコア50前後(TestMySiteでは9秒とか)くらいだったんですね。

読み込みが多少遅くても読みたい魅力あるページなのかなとも思いますが。。

大事な指標ではあるものの、これにこだわりすぎなくてもいいのかな〜なんて。

 

 

 

アドセンスに(たぶん)合格して嬉しくてつい自動広告システムを使った。

そしたら。

スマホ的な環境でのデザイン崩れが…。
_人人人人人人人人_
> ひどいっ!! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

こりゃいかん! と焦って自動広告のタグを消し、広告設定も全部OFFにしてやれやれ…。

ところが確認するとまだ広告が載ってる…!

もちろん反映に時間がかかるしキャッシュのこともあるしで「ちゃんと24時間待って」再確認するも変わらず。

いったいどうすればいいのか…。検索してもそんなことになってる人はほかに見当たらず。

このころからなぜかheader.phpの書き換えがうまくできないってことに気づきました。

自動広告のタグを消してアップロードしても、ページのソースを見ると残ってるんです。それなのに「外観>テーマの編集」から確認するheader.phpにはその記述はない…。

謎に包まれました。。キャッシュなんでしょうか。でも1日待っても同じだったし、一瞬消せたと思ってもまたしぶとく返り咲いてたりでお手上げ状態でした。

結局アドセンスの自動広告設定を使ったことでなんとか駆除できたようです。

 

1、「広告>自動広告」で「新しいURLグループ」をクリック。

 

2、「トップページ」だけのグループと「固定ページ」(コンタクトやポリシーのページなどのURL)のグループを2つ作り、それぞれフォーマットを全部無効にする。

 

トップページと固定ページでグループを分けたのは、いっしょにしているとトップページを対象に含められなかったからです。

いまはLuxeritasについているアドセンス用のウィジェットで広告をコントロールしています。

これほんとうに素晴らしい…!

表示方法、サイズ、ラベルや表示しないページの指定もできて、簡単…!!

こんなにもいろいろ操作できるんですよ…。(この上に基本的な操作項目があります)

とにかくページの速度が激速だし細かいところまで気配りされていて、これで無料だなんて…。ありがとうございます。

Luxeritasは他で推奨されている速くするためのプラグインもあまり使わなくて済む(むしろ使うと遅くなる)し、いろんな雰囲気のデザインも用意されているし、高速化のためのさらなる仕組みもあるし。たぶんまだまだ使えてない高度な技術が盛り込まれている日本製の無料のWordPressテーマです。

これからもお世話になって使いこなしていきたいです。